マニラで世界会議*テロに屈しない持続可能な観光 | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

マニラで世界会議*テロに屈しない持続可能な観光

マブハイー!*

 

フィリピンで起きた悲しい事件がニュースで流れる最近ですが、

フィリピン政府も黙っているわけではありません。

 

6月21日(水)~23日(金)の3日間、

フィリピンのテオ観光長官は「テロに屈しない持続可能な観光」

テーマに世界各国の観光を率いるUNWTO加盟国を召集し、世界会議を行いました。

 

UNWTO.png

(写真:UNWTO公式ウェブサイトより)

 

参加したのは、なんと世界86カ国からの政府機関、旅行業界など関係者、約1千人

この会議の中で、観光を脅かしているテロの脅威への対策などが話し合われました。

 

協議の中で、フィリピンのピメンテル上院議長は

フィリピン国軍とイスラム過激派(マウテグループ)の戦闘に触れながら、

「過激派の脅威に屈せず比南部の観光業の発展を目指す」と力強く

世界各国の参加者の前で宣言しました。

 

期間中には世界遺産に登録されているサン・アグスティン教会があるイントラムロス

の視察観光も行われ、参加者はマニラの観光の魅力を実際に体験しました。

 

UNWTO(国連世界観光機関)の代表者も閉会の挨拶で、

「会議はこれで終わりだが、フィリピンにある楽しさはこれで終わらず、

これからもずっと続いていく。」と述べられました。

 

 

Its more fun.jpg

(写真:DOT(観光庁)公式ウェブサイトより)

 

世界各国の参加者も皆安全にフィリピンを楽しみ、帰国されました。

ニュースのイメージと違い、今も「楽しいフィリピンは」毎日ここにあります。

 

 

 

今回、会議中に世界各国の参加者が訪れた【イントラムロス】に関する

ブログはこちらから!*

 

歴史ある街【イントラムロス】で必見!の教会2つ* 

【イントラムロス】黒い歴史を見てきた要塞「フォートサンチャゴ」* 

【イントラムロス】散策の後は、カフェ「Cioccolata」でひと息。 

【イントラムロス】は日本人の戦跡。第二次世界大戦時のフィリピンを知ろう。 

【イントラムロス】散策の移動手段*とご注意点! 

【イントラムロス】内でおすすめのお土産屋さん!*

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク