フィリピンの名物フード「バロッド」を食べてみた! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

フィリピンの名物フード「バロッド」を食べてみた!

フィリピンフードで有名なものと言えば「パンシット」や「ギシンギシン」「カレカレ」など色々なものがありますが、その中で異色を放っているのが「バロッド」だと思います。


他のフィリピンフードは、合う合わないはあるにせよ、食べ物としての抵抗はないと思いますが、「バロッド」は、孵化する寸前のアヒルの卵を茹でた料理で、見た目も含めて何かと話題になりがちです笑


先日フィリピン在住8ヶ月目にして、ようやっと「バロッド」を食べました!


※少し写真がグロいので、お気をつけください※


「バロッド」


孵化する寸前のアヒルの卵を茹でた料理で、塩等をつけて食べたりします。


栄養満点で滋養強壮に良いとされています。


値段も20ペソ前後と安く、屋台等で販売されています。


見た目は、孵化寸前ということで、ものによってはほぼアヒルの原型ができあがっているものもあります...


そのため、食べるときは羽などに気をつけながら食べることもあるそうです。


僕もフィリピン人の友人に勧められて(というか、その場にいた日本人全員食べる雰囲気で...笑)、「バロッド」を食べることになりました。


マニラより南下した地方で食べたということもあり、売っている場所もなかなか衝撃的でした笑


balut3.jpg


路地で座っているおじさんが持っているバケツの中から「バロッド」が出てきました!


balut2.jpg


balut1.jpg


噂では聞いていたものの実物にドキドキ...


balut4.jpg


殻を割って、まずは汁を吸います。


茶碗蒸しのような味で、ここまでは全然おいしくいただけます。


balut5.jpg


殻を全部割り、骨を取って、パクッといただきました...!


見た目や先入観もあり、結構オエッとなりました笑


僕も含めて3人で食べ、1人は「おいしい」と言い2個目を食べ、僕は1個は食べたもののもう食べたくないと思い(笑)、もう1人は飲み込めず口から出しました...


その場にいたフィリピン人の友人に、「バロッド食べたことあるか?」と聞いたら、「ない」と言われてびっくりしました笑


味の好き嫌いは人によりますが、間違いなく思い出話にはなるので、1度試してみてはいかがでしょうか?


TAKUSEKI@tac_uitl])



著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: TAKUSEKI(たくせき)
新卒で公務員を経験ののち、IT企業に転職。その後フリーランスとして独立。 東南アジアの勢いを見たくて、知人が住んでいたフィリピン・マニラに移住。
マニラの都市マカティを中心に、日本とフィリピンの間でノマドワークをしながら、WEB領域で活動しています。
趣味は、食べ歩きとブログ、デザイン、プログラミング。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク