【マニラ】フィリピンでも徐々に中国の春節(旧正月)ムードが開始! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【マニラ】フィリピンでも徐々に中国の春節(旧正月)ムードが開始!

2018年も早くも1ヶ月が終わり、2月に入ろうとしています。


フィリピンでは、日本のようにあまりお正月ムードというものがなく、カウントダウンして2日から通常に仕事を始めるところも多いです。


宗教の関係もあり、お正月よりもクリスマスの方が盛り上がります。


2月に近づいたこの頃、ちらほらと目立つようになってきたのが、中国を意識した装飾や商品です。


chnewyear6.jpg


というのも、みなさんご存知のとおり、2月は中国の春節(旧正月)があります。


2018年の春節(旧暦の1月1日)は、2月16日で、春節の休みは2月15日から2月21日までの7日間と言われています。


そこに合わせて、中国人観光客や在フィリピン中国人向けに、中国に関連した装飾などがされてきています。


chnewyear1.jpg


家の近所のマカティ商業施設「ランドマーク」でも、中国をイメージさせる装飾が目立ってきています。


chnewyear4.jpg


chnewyear2.jpg


これは中国でも有名な「チャウ・チャウ」のぬいぐるみです。


大きさも様々でカラーもバリエーションがあります。


chnewyear5.jpg


他にも金ピカの置物なんかも出始めており、中国の旧正月を意識した「めでたいもの」が提供され始めています。


おそらく2月に入ると、もっと装飾や商品なども増えるのではないでしょうか。


フィリピン人の方がイベント好きというのは、これまでの記事でもお伝えしてきましたが、こういったショッピングモールの内装や商品などを見ても、色々な変化を感じることができます。


ぜひみなさんも色々とショッピングモールを歩いて、変化を感じてみてはいかがでしょうか?



TAKUSEKI@tac_uitl])


著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: TAKUSEKI(たくせき)
新卒で公務員を経験ののち、IT企業に転職。その後フリーランスとして独立。 東南アジアの勢いを見たくて、知人が住んでいたフィリピン・マニラに移住。
マニラの都市マカティを中心に、日本とフィリピンの間でノマドワークをしながら、WEB領域で活動しています。
趣味は、食べ歩きとブログ、デザイン、プログラミング。
名古屋支店:052-930-5952 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク