自分のできることから援助活動に参加してみよう。 | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

自分のできることから援助活動に参加してみよう。

レイテ島に大きな被害もたらした台風から今日で一か月が経ちました。

現地は多くの国からの援助、様々な援助団体による支援活動、各個人の募金・寄付などで少しずつですが復興の道を歩んでいるようです。直接被害を受けた人やその人たちの家族や親せきはもちろんですが、違う町や島住んでいて被害に遭わなかった人々の努力や協力を忘れてはいけません。

一つ一つの力は小さいかもしれませんが、なにより国全体で被災地を救おう・盛り上げようとする気持ちが大切だと思います。

ここセブでは幸運なことに台風による大きな被害はありませんでしたが、被災者たちの為に何かしようとする動きは活発に行われています。

本日は、私が街で見かけた活動をご紹介したいと思います。

 



 

皆さんの中には台風の被災者の為に何かしたいと思う方も多いかと思います。日本であれば大きな団体や正規の募金ルートがあるので遠くからでも被災者に物資やお金を届けることは出来ます。

フィリピンにいる方は直接現地まで行くことは難しくても、さまざまな形で被災者を応援することが出来ます。

 

IMG_1535

簡単な寄付の一つにこのようなものがあります。

スパーやショッピングモールではこのように臨時の寄付ボックスが置かれ、さまざまな寄付を募っています。寄付をしたい人は各々物資を持ってきて中に入れるだけの簡単な寄付です。集まっているものは特に洋服や食べ物が多いです。

 

IMG_1539

 

これは、スーパーで売られているエコバックです。価格は40P(90円)ですが、そのうちの10P(23円)が被災地に届くシステムになっています。レジ前にも売られていますので、通常の袋をの代りに買い物袋として購入してもいいかもしれません。バッグの質も悪いものではないので、長く使えますし、クリスマスカラーなのでこの時期にはちょうどいいです。

 

IMG_1502

 

これは寄付Tシャツです。Tシャツの値段は250P(約600円)で、その一部が寄付金となります。寄付と同時に被災地を励まし、応援する意味も込められております。

多くの人が買っており、街の中でもこのTシャツを着ている人をしばしば見かけることがあります。

尚、青い文字のTulong Na と赤い文字のTabang Naは「助ける」という意味で、
Tayo Naは「共に」の意味です。全体の意味としてはみんなで助けよう!!のような感じです。

 

IMG_1494

若い人たちはユニークな募金活動を考えます。上の写真は地元の大学生が街の中心で行っていた募金活動です。

いくらでも構わないので募金をしてくれた人には彼女たちがハグをしてくれるというものです。彼女たちの周りには多くの人だかりが出来ていましたが、恥ずかしいようでなかなか勇気ある募金者が現れませんでした。

ちなみに、イケメン男性バージョンもありましたので、興味のある方は是非。

以上が、最近街で見かけた募金や寄付活動です。

例年ですとこのクリスマスの時期は多くの家がデコレーションをして、街中がクリスマスの雰囲気に包まれるようですが、今年はやはり地震や台風のことを考えて自粛していたり、被害のせいで費用や物資がないため出来ないという状況の様です。

クリスマスが近いこともあり、多くの人が平和や幸せを祈っています。多くの人のおかげで少しずつですが復興も進んでいます。全ての人が幸せなクリスマスと年末を過ごせることを私も祈っております。

 

 

(ヤス)

著者プロフィール

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク