シヌログ祭り(Sinulog Festival)をより楽しむためにはこの様な格好で行くと良し! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

シヌログ祭り(Sinulog Festival)をより楽しむためにはこの様な格好で行くと良し!

シヌログ祭り(Sinulog Festival)は幼少イエス・キリストであるサントニーニョ(Santo Niño)を祝うお祭りで9日間開催されます。中でも多くの人達がカラフルな衣装を身にまとい、踊るシヌロググランドパレードは最終日である9日目に行われ、一番盛り上がります。

その日のセブシティはとにかく人が多く、パレードの他にもローカルパーティが色んな所で行われ、移動などが大変になってきます。

1月19日に行われるシヌロググランドパレードを見てみたいと思う方はどの様な格好で行けば楽しめるのでしょうか?リストを作ったので、チェックしておくと良いですよ!



モールやタクシーの中にいると、カラフルな内装やラジオからシヌログ祭りのテーマソングが流れています。セブ島では先週からシヌログのムードに入っていて、19日に行われるグランドパレードを皆楽しみにしているのです。

シヌログ祭りはこちらの記事でも詳しく書いてあるように、幼少イエス・キリストであるサントニーニョを祝うお祭りで、最終日ではフエンテオスメニアを中心にグランドパレードが行われます。

フィリピンのみならず世界各国からの観光客がこのお祭りを見る事もあって、とにかく人が多くやってきます。その他にも雨が降ってきたり、ボディペイントが服に付いてしまうと言うこともあるので、観光で着るような服よりも身軽な格好で行くほうがベストなのです。

シヌログ祭りを思う存分楽しめるようにするにはどのような格好で行ったほうが良いのでしょうか?こちらの方でリストアップしたので、チェックしてみると良いですよ!

1.シヌログ祭り限定のシャツを着て行こう!

154182_10200302612077523_1708121811_n

シヌログ祭りが始まる数週間前からインターネットやショップなどでシヌログフェスティバルに合わせたデザインのシャツがいっぱい販売されています。お土産で有名なアイランドスービニール(Island Survinir)で購入したり、Facebook経由でオーダーすることも出来ます。

ローカルアーティストによるデザインシャツも多いので、ユニークなものからクールなデザインなものまで多く揃っており、そのシャツをグランドパレードの日に来て雰因気を楽しむというのも良いでしょう!

オンライン&Facbookから見つけられるシャツ: リンク1リンク2リンク3リンク4リンク5リンク6(その他にも色々あります)

2.コットン系のシャツにしよう

olympus-digital-camera-36

シヌログ祭りでは多くの人が居たり、雨が降ったりするので通気性の良いコットン(綿)系のシャツにすることをおすすめします。

日本人はファッションのコーディネーションが得意ですが、シヌログ祭りではゴテゴテやフリフリな服を着るよりもシンプルにシャツで行くほうがベストでしょう。雨が降る場合もあるので、一応予備のシャツも用意しておきましょう。

3.ビーチサンダルよりスニーカーの方が良し

olympus-digital-camera-31

ビーチサンダルは涼しいのでセブ島では便利な履物ですが、シヌログフェスティバルの時やサンダルよりもスニーカーなどにしておくと良いと思います。

何故かというと、サンダルだと人が多く足を踏まれることもあったり、雨で滑りやすくなったり、割れたビールの瓶があったりして足を傷つけてしまう場合があるかもしれないからです。スニーカーだとなかなか疲れないし、歩きやすいというメリットもありますからね!

4.動きやすいショーツやスカートを履こう

olympus-digital-camera-43

セブ島の1月の天気は不安定で、晴れたり雨降ったりします。シヌログも人が多くなって暑く感じてしまうので、涼しく動きやすいショーツやスカートを履いていくと良いでしょう!

着るシャツも同じですが、雨や塗料などで汚れる可能性もあるので、汚れても良い服にしておくとベストかもしれません。

5.アクセサリーは付けないほうが良い

olympus-digital-camera-49

サングラス、バンダナ、帽子などを除いたブレスレットやネックレス、指輪などのアクセサリーは付けないほうが良いです。汗でべたつくし、スリなどの被害にも合う可能性があるからです。

6.持ち物は必要最低限の物のみ!

olympus-digital-camera-45

こちらの記事でも書いてあるように、シヌログフェスティバルではあまり物を持ち歩かない様にしましょう。人が多くいるというタイミングを狙ってスリの被害が毎年出ています。

スマホなどの携帯電話は必要なとき以外あまり取り出さないようにしたり、カメラなどの貴重な物はポーチや小さなバッグに入れて南京錠をしておくと安全です。予備のシャツティッシュペーパーお金も細かく(100ペソx10枚、50ペソx10枚、500ペソx1枚)して持ち歩くと便利です。

7.フェイスペイントやヘナタトゥーを付けてみよう!

olympus-digital-camera-39

シヌログの醍醐味の一つがフェイスペイントヘナタトゥーです。ストリートでペイントやヘナタトゥーを施している出店が多いので、開催中にやっておくとシヌログを2倍楽しめるはずです!

ヘナタトゥーは1週間程度で落ちるので、筆者もシヌログの時にやってもらっています。

 

一番盛り上がるシヌロググランドパレードまで後6日になりましたが、更にシヌログを楽しめるように以前エキサイトセブで紹介した記事も合わせて読んでおいてくださいね!

シヌログ祭り関連記事:

(MIKIO)

著者プロフィール

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク