【セブ島】セブパシフィック航空利用時におすすめのトランジットホテル | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【セブ島】セブパシフィック航空利用時におすすめのトランジットホテル

日本からセブに来るには色々な航空会社が便を出しています。

日本からセブまで直行便があるのは今のところフィリピン航空とANAだけですので、
他の航空会社の場合はマニラやその他の国で乗り換えが必要となります。

そこで今日は、フィリピンのLCC「セブパシフィック航空」でマニラ乗り継ぎをした時に
快適便利なトランジットホテルをご紹介したいと思います。

20220321_204314.jpg

関空から乗ると深夜0時近くにマニラに到着しますので、確実に空港泊かホテル泊となります。

その他の国内空港からマニラに着いた場合も、
同じく深夜到着だったり、またはセブへの国内線が満席だったりの理由で当日乗り継ぎが出来ない場合があります。

私は以前2回セブパシ利用で空港泊を体験しましたが、
今回はホテルに泊まってみることにしました!

え?深夜のマニラの街に出てホテルまで行くの?と心配になりますよね。
でもそんな心配はご無用です。

なぜなら空港内にホテルがあるからなんです!!
すごく便利ですよね。

20220322_005746.jpg

こちら看板にも「4階、マクドナルド裏手にあります」って書いてありました。

Screenshot_20220318-181604_Chrome.jpg
The Wingsの公式サイトより

地図で見るとこんな感じです。

私もよく分からなかったので、人に聞きながら辿り着きました。

空港内にはマクドナルドやコンビニもあるのでとっても便利。

深夜だとマクドナルドは閉まっていますが、コンビニはちゃんと開いていました。
夜中のコンビニっていくつになっても楽しいですね(笑)

では早速ホテルへ!

20220322_005800.jpg

こちらが空港内トランジットホテルのThe Wings(ウィングス)です。

20220322_063624.jpg

私が今年3月に利用した時は受付でワクチンパスポートを見せるよう言われました。
日本のワクチンパスポートでOKです。

私が利用した時は旦那さんにマニラまで迎えに来てもらっていたので、ツインのお部屋にしました。

20220322_063212.jpg

入ってびっくり、まさかの2段ベッド!!

修学旅行みたいで楽しかったです。

お部屋にあるもの一覧

金庫

バスタオル

歯磨き&シャンプーリンスのセット

枕元のライト

コンセント(日本と同じ形ですが、220Vです!)

一通りの物はそろっていました。

ホテル内を見て行きましょう。

20220322_063418.jpg

ロビーには落ち着いて食事が出来る場所があります。

20220322_063409.jpg

飲み物やちょっとしたお菓子が置いてあるのが嬉しい~。

20220322_063327.jpg

シャワーは時間はかかりますが、ちゃんとお湯が出来ました。

20220322_063335.jpg

ドライヤールームにはロッカーがあったので安心ですね。

お部屋はツイン以外に、ソファ席、カプセルルーム、2段ベッドが2つあるファミリールームがあります。

気になるお値段はこちら。

タイムスロット
A 8:00~15:30
B 16:00~23:30
C 0:00~7:30

利用時間が決まっています。

私は「C」で利用しました。

リクライニングソファ席:7時間 950ペソ
※予約不可
※シャワー利用しない時は700ペソ

カプセルルーム:1000ペソ
※妊婦さんは利用不可です
※女性エリアと男性エリアが別で安心

ツインルーム:1800ペソ
(2段ベッド)

ファミリールーム:3200ペソ
(2段ベッドが2つ)
※1部屋しかありませんので予約必須


注意点としては、寒い!

じわじわと段々寒くなって来るので、ババシャツや上着は必須です。

今は空港を利用する人が少ないから予約もすぐ取れたのかもしれませんので、
予定が決まったら早い目に予約がおススメです。

欠航になった場合はちゃんと返金しますと書いてありました。


夜食食べたりシャワーしたりしていたら寝る時間があまり無かったので、次回はリクライニングソファ席でも良いかな~と思います。

20220322_075952.jpg

ちなみに朝ごはんはすぐ近くにあるマクドナルドで朝マックでした。

フィリピンのマクドナルドではお米のメニューがありますよ♪

空港内のベンチ泊でも良いですが、ちゃんと寝ると翌朝の元気度も違いますので、

トランジットホテルも是非検討してみて下さいね。

MARUでした。

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: MARU
セブ島がどこにあるかも分からず 駐妻としてやって来てから10年目。
今では自家用車・タクシー・ジプニー・バイクあらゆる乗り物に乗ってあちこち出かけています。 セブ島にある有名どころのホテルはほぼ泊まったことがありますので、ホテル選びに迷っている方のお役に立つような記事を書いていきたいと思っています。
現在はセブ島の現地語であるビサヤ語の日常会話を勉強中です。趣味は食べる事と筋トレ。 今年の目標は180°開脚です!

1.セブ島の魅力
フィリピンも日本と同じく英語が母国語ではないので、意外と英語が聞き取りやすく、簡単な単語でも分かってくれます。 言葉が通じると旅もより一層楽しくなります。

2.おすすめの過ごし方
何にもしないで、ホテルのビーチで海の音を聴きながらボーッと過ごすのが一番だと思います。 マッサージも本当に安いので、毎日でも行って日本でのストレスや疲れを全て取り払うのも良いですね。

3.おすすめホテル
1位 シャングリラ
日本人大満足のサービスならここ!

2位 クリムソン
静かに過ごしたい方にはここ!

3位 J Park
ホテルの回りに色んなお店があって便利!

月別記事一覧

名古屋支店:052-930-5952 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク