フィリピンの電圧とプラグ | マニラ基本情報

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら
フィリピンの電圧とプラグ

今回紹介するのは、フィリピンの電圧とプラグについてです。海外旅行のときには、現地の電源事情を知っておくことは旅の大常識。準備万端で家電や美容機器を持っていったはいいものの使えなければ荷物になるだけです。また、それだけならいいですが、コンセントにプラグを挿し込んだ瞬間にショートしてしまう可能性だってあります。海外旅行に慣れていない方は、特に注意してこの記事をご覧ください。




フィリピンと日本のプラグは同じ、Aタイプ。

有難いことに、フィリピンのプラグは、日本と同じAタイプです。たまに3つ穴がありますが、日本のプラグをそのまま差し込んで使えますので、形状を変える変換プラグを買う必要はありません

Plug.JPG




フィリピンの電圧は220V。日本は100V。

でも、プラグの形状が同じだからといって、日本から持ってきた電化製品は全て使えるかというとそうではありません。見た目は同じでもフィリピンと日本では、電圧が違うからです。フィリピンの電圧は220Vで、日本は100Vです。日本で購入した電化製品でも、ノートパソコンやiPhoneの充電器はほとんど世界で使えるユニバーサル対応になっています。各電化製品の電圧は、ACアダプタもしくは本体をよーく見ると書いてありますので、確認してみましょう。

Charger.JPG

私の持っているものは、「INPUT:100-240V」と書いてあり、フィリピンの電圧220Vが含まれているので、そのまま使えます。日本の携帯電話は、ユニバーサル対応じゃない場合もありますので、お持ちのものもご出発前にご自身でご確認ください




220Vが含まれていない場合は、変圧器。

残念ながら、ほとんどの電化製品は「100V」もしくは「~110V」となっており、220Vが含まれていないため、そのままフィリピンでは使用できません。

「大丈夫だろう。」と思って、プラグを差し込み使用しようとすると、プラグがショートしたり、焦げ臭いにおいがして電化製品が使えなくなったり、ひどい場合は家のブレーカーが全部落ちてしまったりしますので、絶対に止めましょう。

日本の電圧(100V)対応の電化製品をフィリピンでも使いたい場合は、変圧器を購入しましょう。

Transformer.JPG

事前に日本で220V対応の変圧器を購入してももちろん構いませんが、フィリピンでも買えます。おすすめは、マニラならどこにでもあるSMショッピングモールの中に入っているACE HARDWAREで、大体1000ペソ(約2500円)で買えます。




ヘアドライヤーなどワット数の高い電化製品には注意!

注意しないといけないのは、ワット数の高い電化製品。代表例はヘアドライヤーですが、変圧器を使用しても使えません。フィリピンでも500ペソ(約1250円)~で購入できるので、名残惜しいですが、日本のヘアドライヤーはおうちに置いて旅立ちましょう。




いかがでしたか?フィリピンの基礎知識―電圧とプラグ編―。
旅行前に基礎知識を知っておくと、よりフィリピン旅行を円滑に楽しめるはず!

このカテゴリの他の記事を見る

マニラ基本情報
トップに戻る

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク