フィリピン・マニラの気候と季節別必需品 | マニラ基本情報

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら
フィリピン・マニラの気候と季節別必需品

気候を知ることはフィリピン滞在中の旅程を上手く立てるために、とても大切です。

 

今回は、フィリピンの気候を

1.気温と服装  
2.乾季と雨季  
3.台風

に分けてご紹介します。

 

 

1.気温と服装

皆さんご存知の通り、フィリピンは南国! 
年間の平均気温は26~27度と、日本の初夏がずっと続いているような感じです。

 

日焼けが気になる女性の方は日焼け止め、男性もサングラス・帽子などを 
ご持参されることをおすすめします。

 

服装も半そでやタンクトップと短パンが基本となっています。 
ただ、バス内やショッピングモール内などは冷房の温度設定が 
低すぎることが多々あるので、一枚羽織られる長袖をもっていると 
重宝します。

Long Sleeve.jpg

特にバスはエアコンのスイッチがオンとオフしかないようで、 
凍えるほど寒いということがありますので、ご注意ください。

 

 

2.乾季と雨季

 

南国フィリピンでは、日本のように春夏秋冬、四季がありません。 
季節は2つのみ、乾季と雨季です。


マニラでは大体6月初旬から雨がよく降るようになり、10月中旬まで雨季が続きます。 
それ以外の11月~5月は乾季ですが、その中でも日本の春にあたる4・5月は気温が上がるので「サマー(=夏)」と呼ばれています。

乾季、特に1月~5月には1ヶ月一度も雨が降らなかったというようなこともあります。 

Sky.jpg

雨季といっても、日本の梅雨(6月)のように小雨が降り続くわけではなく、 
午前・午後の1回ずつ1~2時間ざっと降るイメージです。

 

ざっと降ってすぐにやむ雨はこちらではスコールと呼ばれています。 
厄介なのが、スコールが30分ほど降るとメトロマニラ内のいくつかのエリア 
(特に川が近くにある場所)はすぐ洪水になってしまいます。

 

これは、日本のように下水道システムが整っておらず、マンホールなどもなく、 
水はけが良くないためだと思われます。

 

雨季でも1日で雨が降っていない時間の方が長いので、マニラ旅行はできますが、 
雨季の場合は川が近くにないホテルを選ぶのが賢いです!

 

また、雨季は道がすぐ洪水になってしまうので、運動靴だけではなく、 
是非ビーチサンダルなどの濡れてもいい履物をご持参ください。

万が一忘れてしまった場合も、100~200ペソ(約220円~440円)で 
マニラで購入できます。

 

また、雨季には折りたたみ傘も必須です! 
マニラで購入する場合は300ペソ(約660円)程度です。

 

 

3.台風シーズン

日本と同じく島国で海に面しているフィリピンには台風が毎年、襲来します。 
1年間にフィリピンを通過する台風は20以上とも言われており、 
毎年大きな被害を出しています。

 

フィリピンでの台風は、8月~10月にかけて多いですが、 
近年は11月~12月にも台風が来るようになり、台風シーズンが 
長引いていると報告されています。

 

雨季と同じく、台風シーズンも洪水になることが多いので、 
傘とサンダルを是非ご持参・ご購入ください。 

いかがでしたでしょうか? 
フィリピン旅行時の気温や天気を事前に知り、 
是非必要なものをバッグへ入れ、対策してより快適な旅行をお送りください。

 

このカテゴリの他の記事を見る

マニラ基本情報
トップに戻る

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク