2014年6月の記事一覧 | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

とても広い!セブ最大級のアヤラモールに行ってみました。

2014年06月21日(土)

先日、セブ市街にあるアヤラモールへ行ってきました!かなり広い店内は、何時間いても飽きないほど多くの店舗があります。日本でもなじみ深いブランドもあり、買い物には最適。日本未上陸の店舗も発見しました!

まるで泳げるディズニーシー!”Plantation Bay Resort and Spa”

2014年06月20日(金)

 筆者は現在、旅行会社に勤めております。入社した直後、上司に「マクタンで1番良いホテルはどこですか?」と質問した所、「ホテルに何を求めるかによる」と言われました。入社後、様々なホテルを見た今、その質問は愚問だったなと感じています。何故ならば、ホテルによって雰囲気が異なり、どのホテルが良いと思うかは、完全に人の好みなのです。今回は、そんな日本人から好まれやすいヴィラタイプのホテル、プランテーション・ベイが何故日本人に好まれるのかを検証したいと思います! 

“映画は途中から見る”がセブの常識!?〜映画館に行ってみました〜

2014年06月19日(木)

先日、同じオフィスのフィリピン人女性3人と映画館に行きました。その日(6月12日)は、フィリピンの独立記念日で祝日とあり、映画館も大盛況!セブに来てから初めて映画館に行き、たくさんのカルチャーショックを受けて帰宅しました。その一部をご紹介します!

[ギャラリー]昔のセブ島にタイムスリップしてみよう!当時の様子が見れる25枚の写真

2014年06月18日(水)

歴史はその当時の暮らしや文化を見られるだけではなく、現在と比べることによってどの様に変わってきたのかなど色々発見することが出来て面白いですよね!セブ島はフィリピンの歴史において重要な出来事が起きたロケーションの一つです。エキサイトセブでも何回か紹介してきましたが、世界一周を行っていたフェルディナンド・マゼランを率いる艦隊が1521年にセブ島へ上陸し、ラプ=ラプと戦ったマクタン島の戦いは特に有名です。それ以来スペインによる植民地時代が333年も続いたり、アメリカ、日本による統治などが行われ、1946年に独立し、現在のフィリピンとなっています。フィリピンやセブ島の歴史と言ってもあまりパッと思い浮かばないと思いますが、20世紀のセブ島での写真を25枚見つけたので当時のセブはどの様な感じだったのか、見てみましょう!

様々なフレーバーのチュロスが楽しめる「Churros Pops」

2014年06月17日(火)

チュロスといえば筆者はディズニーランドを想像しますが、手軽なスナックとして今では多くの人々に知られるようになっていますね。特にはちみつをかけたり、バターをかけたりと甘みをもつこのスナックには女性のファンが多いと思います。今回はJセンターで見つけた様々なフレーバーのチュロスが楽しめる「Churros Pops」をご紹介します。

セブに立派な温泉があった!「GANGNAM WELL BEING SPA」

2014年06月16日(月)

日本からセブ空港に着き、大半の日本人が真っ先に感じるのは「湿度が高い」こと。日本では感じられない独特のジメジメした空気は、滞在中も気になるものです。そこで、エキサイトセブでもよく紹介している「A.S FORTUNA」に温泉とサウナが楽しめる施設があるということで行ってきました! 

特盛りのイタリアンが楽しめる「MB’s」

2014年06月15日(日)

リゾートマクタン島には、ホテル内のレストラン以外に意外とディナーを食べられる場所が少なく、一定期間生活していると行き尽くしてしまいます。特に海外の料理は店舗が少ないため、同じ店に行くこともしばしば。更には量が少なかったり雰囲気に代わり映えが無かったりと、食事の場所の面白さにも欠ける事があります。今回はそんなマクタン島の中でも異彩を放つ「MB’s」というレストランをご紹介します。

セブのマクドナルドにしかないメニューに挑戦!~日本との価格比較~

2014年06月14日(土)

先日、初めてセブのマクドナルドに行きました!全世界に3万以上の店舗を持ち、日本には約3千店舗が存在するマクドナルド。(世界のマクドナルドのおよそ10分の1が日本にあることに驚き!)今回は、日本にもあるメニューと、フィリピンにしかないメニューに挑戦。価格、味、内装など比較してみました。

セブの物価を見てみよう~サリサリストア編~

2014年06月13日(金)

3回に分けてセブの物価をご紹介してきましたが、今回が最終回。フィリピン独自の文化で、町中至るところにある「サリサリストア」です。単なる小売店ではなく、人が自然と集まる小さなコミュニティでもあるサリサリストア。その物価はやはりスーパー・コンビニより「安い」ものでした。観光客には少し未知なサリサリストアを紹介します。 

スペイン生まれのフィリピン菓子、ポルボロン(Polvoron)を食べてみよう!

2014年06月12日(木)

日本では和菓子がある様に、フィリピンでもフィリピンで生まれた伝統的なお菓子が数多くあります。ドライマンゴーなどの乾燥フルーツは特に有名ですが、乾燥物だけではなくバナナキューやハロハロなど色々ありますよね!フィリピンは色々な国によって支配されていた植民地でしたが、中でも16世紀半ばにスペインがフィリピンを333年支配していた事から、今でもスペインの文化などが強く根付いています。お菓子に関してもそれは同じことで、誰もが知っているフィリピンのお菓子にポルボロン(Polvoron)という物があります。スペインの伝統的なお菓子なのですが、フィリピンでは本家のものと少し違っています。そんなポルボロンはどういうものなのか、こちらの記事にて紹介したいと思います!

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク